外海府に眠る原生林に出逢うトレッキング佐渡金山 搗鉱場跡

2016年09月13日

小木港祭り2016(小木花火大会)

1

8月29日の小木港まつり。この日は佐渡で一番の花火大会が開催されます。
毎年多くの寄付金が集まり、その寄付者の名前を読み上げながら花火があがります。

毎年新潟の片貝煙火工業さんが手掛けるこの花火大会。いつもは三尺玉がメインになっていたのですが、去年あたりから海上運送法の規定が変わり、海を越えて三尺玉が届けられなくなってしまったようです。

2


今年は望遠レンズで花火爆発の瞬間を写真に収めようということで、前半はひたすら上がった玉を追いかけて連写。花火の火薬の威力が伝わるような写真が撮れたらと思いましたが、まだまだのようです。

3


花火の玉が弾けて、飛び散る破片が映り込みました。
なんともマニアックな写真ですが、本来はこの後綺麗に火花が散り大輪の花を咲かせるのです。

4


こちらはシャッターを切るのが遅れて火花が飛び散った後です。
やはり花火はこうでなくちゃ。と思いはじめて、爆発の瞬間を追いかけるのをやめて、しばし魅入っておりました。

5

毎年スターマインが素晴らしく、これには見とれて撮影を忘れてしまうほど。
見事な花火で、観客を楽しませてくれます。いろいろな形の花火が打ちあがる度に、歓喜の声が聞こえてきます。

来年こそ三尺玉が復活されるといいですね。
これで夏は終わり、佐渡の秋へとシーズンが変わっていきます。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 23:00│Comments(0)佐渡の祭り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
外海府に眠る原生林に出逢うトレッキング佐渡金山 搗鉱場跡