佐渡の星景・夜景

2016年06月07日

夜の宿根木の三角家

宿根木の三角家

夜の宿根木の三角家
ここはかつて江戸時代より船大工が住んでいたという集落 がそのまま残され、現在も人が住んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されているところ。

昼間には観光バスが横付けされ、大勢のお客様でごった返す。この三角家は吉永小百合さんがJRのCMでロケをしたところで、ポスターにもなっている名所であり、人気の撮影スポットでもある。夜は流石に人が歩いておらず、静かなものです。

菜の花

ここには菜の花という料理屋さんがかつて存在し、地元の方や鼓童の人たちなど多くの人の舌を楽しませてくれたところ。しかし今は移転し、上野で佐渡の食材を使い、佐渡の酒を提供し、東京の方々を楽しませているようです。
東京藝術大学から徒歩数分のところにあり、私も一度お昼に訪れ、美味しいお料理を堪能させていただきました。
菜の花食べログ記事

店主の石塚さんからのご提案で、デジタルフォトフレームを設置し、佐渡の写真を100枚程スライドショーで見れるようにと私の撮影した佐渡の風景を送らせていただきました。 お店にご来店の際にお食事待ち時間などでご覧いただけたら幸いです。

上野桜木 菜の花
住所: 東京都台東区上野桜木1丁目10−26
電話:03-3827-3511
 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 11:34|PermalinkComments(0)

2016年03月31日

満天の星空が広がる佐渡最北端の沖の島 二ツ亀の星景

二ツ亀 星空

二ツ亀は佐渡最北端にある沖の島で、夏場は海水浴に訪れるお客様で賑わう「日本の海水浴場100選」にも選ばれた透明度の高い海水浴場です。

当然北に位置するので、長時間露光で撮影すると北極星を中心とした円を描くような星の軌跡が撮れるはず!と思い、車を走らせました。Googleで画像検索しても二ツ亀の星空写真は出てこないので、夜中にここに来るのはよっぽどモノ好きなんだろうなぁと。

二ツ亀 星景

車を走らせること約1時間30分。
現地に到着して満天の星空が出迎えてくれました。360度プラネタリウム状態で、月の出もまだだったので、二ツ亀がぼんやり暗闇に見える程度。約10分間の長時間露光と、ISO感度をギリギリまで上げての30秒露光。

F4の広角レンズではこの映りが限界なのか・・・といった感じ。
星景用に明るい広角レンズが欲しいところですが、贅沢は言えません。(4月発売のG MASTERは気になるところですが・・・。)

二ツ亀 星空

二ツ亀の地図


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 19:01|PermalinkComments(0)

2015年12月21日

竜王洞の青の洞窟をライトアップしてみたら・・・息を呑むほど美しかった件

琴浦 竜王洞の青の洞窟

琴浦にある竜王洞の青の洞窟へ夜中に行ってきました。ここは小木ダイビングセンターのすぐ近くで、天気の良い日に太陽光が差すと、海の色が青く光って見えることから、青の洞窟と呼ばれています。

夜中には真っ暗闇で、明かりがまったくありません。溶岩の冷えて固まったゴツゴツした岩場なので、足元にもかなり注意が必要です。カメラ機材や照明機材を落としちゃったら、まず無事にはすまない地形ですからね。最悪海にドボン・・・。

お目当ての竜王洞に、持参したバッテリー駆動のLEDライトを当ててライトアップしてみると、なんとも神秘的な海の輝き。太陽光でなくとも、幻想的に光る青の洞窟

きっと対岸にもライトを設置すれば、もっと綺麗で幻想的な青の洞窟のライトアップが出来たのではないかなぁと思います。流石にこれは船がないと厳しい気がします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 14:23|PermalinkComments(0)

2015年12月20日

佐渡のモアイ人面岩が見つめる北の空

人面岩

天体観測している人面岩
f8.0 ISO640 2085秒
α7RⅡ+FE16-35mm F4 ZA OSS

佐渡のジオサイトのひとつで、正式名称は立岩(たていわ)と言います。

立岩(人面岩)
現在の佐渡島に火山はありません。今から約2000万年前には大変激しい火山活動がおこっていました。現在の大佐渡小佐渡の山々は、その時の溶岩や火山噴出物でできています。ここの岩石もその当時にできたものです。岩石の種類は、山地をつくる代表的な岩石である安山岩で、もともと黒色の岩石です。
「立岩」はやや緑色をおびています。
マグマは1000℃以上の高温で溶けていて、噴出し、火山になります。火山活動が終わっても一部に数百℃の部分が残ることがあります。このような場所に水があると、岩石は「蒸し焼き」状態となり、結晶(鉱物)が別の結晶に変化していきます。
佐渡島の山地を作る岩石は、このように緑色に変化した岩石がよくみられます。 

佐渡ジオパークサイトより 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 07:30|PermalinkComments(0)

2015年12月15日

ふたご座流星群@佐渡島

双子座流星群

昨日の夜はふたご座流星群が真っ盛りになるとのことで、お外へ繰り出しました。
ふたご座近くを狙うも、飛び交うのはフレーム外ばかり。。。

レリーズもソフトフィルターも家に忘れて来てしまったので、30秒露光でまぐれ当たりを狙っていました。

しかしながら、まったくフレームインしてくれない。
あまり時間も体力もなかったので、流星っぽく撮ってみようということで、露光最中にズームリングを回してみました。

なかなか良い感じ。
さらに良い感じに撮影すべく、最初ズームリングを早く回し、その後ゆっくりにして止める。こうすることで、太さや明るさが軌跡のような表現が出来るかなぁと。

当然ですが、中心から離れたところの軌跡は長くなり、真ん中に近い方が軌跡は短くなります。

諦めて家路についてから、LightRoom現像してみると、あらまぁなんとふたご座流星群が写っているではありませんか。

ふたご座流星群

佐渡島はちょこっと車を走らせるだけで、海にも山にも行け、光害が少ない撮影スポットが沢山あります。
今後、このブログで普段の佐渡島をご紹介していければと思っております。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 17:45|PermalinkComments(0)