佐渡の神社仏閣

2016年12月16日

雪化粧の大膳神社能舞台

大膳神社能舞台

ご存知でしたか?
日本に現存する能舞台の1/3は佐渡島にあるんですって。

日本一能が盛んな島。
大町桂月の句に 「鶯や十戸の村の能舞台」と詠われているとおり、各村々に能舞台があったと言われており、その姿形は個性豊かだったとか。

この大膳神社の能舞台は、かつて宝生流の太夫家から選ばれた国仲四所の御能場の一つで、昔は格式の高い能舞台だったため、能以外には使わせなかったと言われています。

そんな大膳神社の能舞台は茅葺屋根で、ここに降り積もる雪がなんとも風情があり、写真を撮りたくなりますよね。車で5分程の距離ですので、雪が降ってすぐに撮影に直行。

15591042_1322798431098499_9161620152184865399_o
 
撮影していると青空が顔を覗かせ、雪が小降りになってしまいました。
右側が神社の本殿。佐渡の能舞台は神社脇に併設されていることが多く、奉納の意味合いで能が舞われることがよくあります。

15577966_1322798424431833_4829291202557493355_o
 
大膳神社は県の有形民俗文化財として指定されています。
そしてその舞台の鏡板は大変珍しい、太陽が描かれているのにご注目ください。

他の能舞台の鏡板には殆ど見られないと思います。
大膳神社の能舞台に訪れる際には、ぜひご覧ください。 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 18:58|PermalinkComments(0)

2016年02月29日

文覚上人の開基の真禅寺 鍋倉の滝

鍋倉の滝

佐渡島内にはいくつかの名瀑がありますが、ここは比較的行きやすい滝の一つである鍋倉の滝です。文覚上人の開基とされる真禅寺の奥に続く道を、4〜5分程歩くとしゃわしゃわと水の流れる音に近づき、やがて滝の全貌が見えてきます。

この日は冬の寒さで多少でも氷がついているかなぁと思いきや、温かくなったせいもありすっかり溶けていました。代わりに木漏れ日がまるで文覚上人に後光が差すかの如く輝き、滝をバックに良い構図を魅せてくれました。

文覚上人と鍋倉の滝

真言宗 文盛山 真禅寺
http://sadotemple.jp/shinzenji/ 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 16:18|PermalinkComments(0)

2016年01月05日

順徳上皇火葬塚を管理していた真野宮へお詣り

真野宮

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。 

年末年始はバタバタしてしまい、ブログの更新も滞ってしまい不徳のいたすところでございます。そんな一年の始まりになってしまいましたが、このブログもしっかり更新していこうと思っております。 

さて、この真野宮周辺は春になると桜の名所として花見客が沢山訪れる所でもあります。初詣のお参りには多くの参拝客が訪れます。

真野宮はもともと真輪寺というお寺で、廃仏毀釈で真野宮と改称した神社です。順徳天皇を奉祀し、菅原道真・日野資朝を配祀しています。

真野宮

現在の社殿は1929年に建てられたもので、1942年の700年祭に鳥居、神橋、神門、社務所を新設して参道を広げ神域が拡張されました。社宝として順徳天皇御遺品だと伝わる短刀、硯、扇子、釣花生などが残っています。

真野宮

佐渡で順徳上皇の所縁のある地のひとつ真野宮へぜひ参拝に訪れてください。この真野宮の上には火葬塚である真野御陵があります。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 11:40|PermalinkComments(0)

2015年12月19日

奈良の長谷寺を模した東光山清水寺(せいすいじ)

清水寺 救世殿

佐渡の新穂大野にある東光山清水寺 (せいすいじ)の掛け造り。京都の清水寺(きよみずでら)の舞台も掛け造りで、観光協会の説明書きなどでも次のように表記されています。

大同3年(808年)開基。賢応法師が京都から佐渡に布教にきた際に「こんな遠い島国から都の清水寺までお参りに行くのは大変だろうし行けない人達のために」と京都清水寺を模して建立したと言われる。 

しかし最近の東光山清水寺の説明看板には、奈良の長谷寺を模した造りであると記載してあります。
確かに見比べると、京都の清水寺よりも奈良の長谷寺の方が酷似点が多いようです。 しかしながら、名前が一緒だということと、既に佐渡観光に於いては京都の清水寺を模したとの説明が蔓延しているので、払拭するのは難しいでしょうね。
清水寺 救世殿
 
この救世殿の中は、長谷寺の内部にとっても良く似ています。 
廃寺のような感じにはなっていますが、まだその当時の絢爛な造りは健在で、参道の杉並木の雰囲気もよく、魅力満載です。
 清水寺

路線バスだと少し歩かないと辿り着けませんが、とても魅力あるお寺清水寺に訪れてみてください。紅葉の時期や新緑の時期がおすすめです。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 09:03|PermalinkComments(0)