タコ

2016年01月16日

揚島観光遊園のあげしま水族館で生きた葵貝(アオイガイ)の遊泳

アオイガイ

珍しいタコがあげしま水族館で観れるらしい。
そんな情報を聞いたので、早速揚島観光遊園のあげしま水族館へと足を運びました。 

殻付きのタコで別名貝蛸(カイダコ)とも呼ばれるタコ目アオイガイ科の葵貝(アオイガイ)というタコで、まるでアンモナイトのような感じではありますが、アオイガイはアンモナイトのように生まれてからすぐ殻付きなわけではなく、成長に伴い殻が付くのだそうです。

この貝殻の中で子育てするそうで、貝殻のあるのはメスだけだそうです。
こんなタコがこの日本海にいるんですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 01:22|PermalinkComments(0)