能舞台

2016年12月16日

雪化粧の大膳神社能舞台

大膳神社能舞台

ご存知でしたか?
日本に現存する能舞台の1/3は佐渡島にあるんですって。

日本一能が盛んな島。
大町桂月の句に 「鶯や十戸の村の能舞台」と詠われているとおり、各村々に能舞台があったと言われており、その姿形は個性豊かだったとか。

この大膳神社の能舞台は、かつて宝生流の太夫家から選ばれた国仲四所の御能場の一つで、昔は格式の高い能舞台だったため、能以外には使わせなかったと言われています。

そんな大膳神社の能舞台は茅葺屋根で、ここに降り積もる雪がなんとも風情があり、写真を撮りたくなりますよね。車で5分程の距離ですので、雪が降ってすぐに撮影に直行。

15591042_1322798431098499_9161620152184865399_o
 
撮影していると青空が顔を覗かせ、雪が小降りになってしまいました。
右側が神社の本殿。佐渡の能舞台は神社脇に併設されていることが多く、奉納の意味合いで能が舞われることがよくあります。

15577966_1322798424431833_4829291202557493355_o
 
大膳神社は県の有形民俗文化財として指定されています。
そしてその舞台の鏡板は大変珍しい、太陽が描かれているのにご注目ください。

他の能舞台の鏡板には殆ど見られないと思います。
大膳神社の能舞台に訪れる際には、ぜひご覧ください。 




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 18:58|PermalinkComments(0)

2016年01月13日

雪化粧の大膳神社能舞台

大膳神社能舞台

この大膳神社能舞台は、かつて宝生流の太夫家から選ばれた国仲四所の御能場の一つで、格式の高い舞台として、能以外には使わせなかったと言われています。
県の有形民俗文化財に指定されている茅葺屋根の能舞台に雪が降り積もり、ようやく佐渡も冬らしい景色となりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sado_island at 20:49|PermalinkComments(0)